応用情報技術者試験を目指す人を応援するページ

応用情報技術者試験合格ガイド
 
平成29年度秋試験は 平成29年10月15日(日)に実施されます
 
【応用情報技術者】とは、経済産業省で実施している国家資格「情報技術者試験」の1つ。

 対象者

 

高度IT人材となるために必要な応用知識・技能ををもち、高度IT人材としての方向性を確立した者

 共通キャリア・スキルフレームワークでの位置づけ

 

「ITパスポート」がレベル1、「基本情報技術者」がレベル2、 「応用情報技術者」は数年の経験を積んだシニアプログラマやシステムエンジニアを主対象と しており、最上位試験である高度情報処理技術者試験(レベル4)への登竜門的な試験区分 として、レベル3に設定されています。
 出題分野は基本情報技術者と同様、多岐にわたり、より深い知識と応用力が要求され、論理的な回答を導き出す能力が問われます。

 主な役割

 

情報技術を活用した基本戦略立案、システムの設計・開発など、上位者の方針を理解し、自ら 技術的問題解決を図るとともに、プロジェクトマネジャの下で現状把握、工程・品質管理を おこないます。

 応用情報技術者試験の実施方法
 
試験時期
春期・秋期(4月と10月の第3日曜日)
試験時間
【午前】
9:30〜12:00(150分)
【午後】
13:00〜15:30(150分)
出題形式
【午前】
多肢選択式(四肢択一)
【午後】
記述式
出題数
【午前】
解答数 80問
【午後】
長文形式の11問のうち、
6問を選択して解答
合格基準
午前・午後ともに60点を超えること
   
出題範囲
午前が基本問題、午後は応用問題で問題文自体の読解力も求められます。
午前問題分野
午後問題分野
テクノロジ系 50問
・基礎理論
・コンピュータシステム
・技術要素
・開発技術

マネジメント系 10問
・プロジェクトマネジメント
・サービスマネジメント

ストラテジ系 20問
・システム戦略
・経営戦略
・企業と法務
1 経営戦略
2 情報戦略
3 戦略立案・コンサルティング技法
4 システムアーキテクチュア
5 ITサービスマネジメント
6 プロジェクトマネジメント
7 ネットワーク
8 データベース
9 組込みシステム開発
10 情報システム開発
11 プログラミング
12 情報セキュリティ
13 システム監査
 

 平成29年度秋試験概要
   
 
受験資格:
誰でも受験可能
願書配布期間:
平成29年7月3日(月)〜8月3日(木)
願書受付期間:
【郵送】平成29年7月6日(木)〜 8月3日(木) 消印有効
【インターネット】平成29年7月6日(木)10時 〜 8月14日(月)20時
試験日:
平成29年10月15日(日)
受験料:
5,700円

問い合わせ先:
独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
  TEL:03-5978-7600
https://www.jitec.ipa.go.jp/

 資格データ

 
 
受験者数/合格者数 (春・秋)年間
 
受験者数
合格者数
合格率
平成21年
78,218 18,457 23.6%
平成22年
85,564 18,490 21.6%
平成23年
74,129 16,357 22.1%
平成24年
73,898 15,886 21.5%
平成25年
67,467 12,716 18.8%
平成26年
62,746 12,655 20.2%
平成27年
63,390 13,519 21.3%
平成28年
63,293 13,312 21.0%
 
 
 
受験者構成(平成28年 春期・秋期)
 
社会人/学生 
受験者数
合格者数
合格率
合格者構成
社会人
55,161 11,206 20.3% 84%
学生
8,132 2,106 25.9% 16%
合計
63,293 13,312 21.0% 100%
   
最終更新日: 2017-06-29
 
 
過去問頻出用語集
 
オススメ学習ソフト
7つの学習法で
最短合格!
media5 Premier 6応用情報技術者試験
Windows DVD-ROM
価格9,800円+税
 
ニンテンドー3DSで資格取得!
ニンテンドー3DS 応用情報技術者試験