ケアマネジャー試験を目指す人を応援するページ

ケアマネジャー試験合格ガイド
 
平成29年度試験は 平成29年10月8日(日)に実施されます
 

ケアマネジャーの役割と業務
介護福祉士は、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者について心身の状況に応じた介護を行ない、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行なうことを業とする者(法第2条)とされています。

●ケアマネジャー(介護支援専門員)について

  ケアマネジャーとは、2000(H12)年4月に施行された「介護保険法」に基づく資格です。
この介護保険制度において介護を必要とする人に対し、ケアプランの作成やケアサービスの調整・管理をおこなう重要な役割を担っています。
 

 主な仕事の内容

●要介護認定 ※に関する業務
  ・申請の代行
・認定調査の受託(市町村からの委託を受け、認定を受ける人の家に訪問調査の行く)

※「介護保険法」
高齢化社会への対応策として、満40歳以上で介護を必要とする人を対象に保険料を徴収し公的な保険医療や福祉サービスを提供するための法律

要介護認定
市町村の窓口、福祉事務所に介護保険の申請を行うと、申請者の心身の機能や状態について調査がおこなわれ、その人が必要な介護量によって「要支援」「要介護1〜5」の6段階に認定されます。
要介護の認定によって、介護サービスや施設へ支払われる保険の限度額が決まります。

この認定をおこなう訪問調査を行う調査員(原則一定の専門知識をもつ市町村の職員、あるいは、介護支援専門員(ケアマネジャー)があたります。

●介護支援サービス関する業務
 

・課題分析(アセスメント)
・介護支援サービス計画(ケアプラン)の作成
・サービス提供状況の継続的な把握

●給付管理に関する業務
  ・支給額限度額の確認と利用者負担額の計算
・給付管理表の作成と提出
 

 主な職場

居宅介護支援事業所
  社会福祉法人、在宅介護支援センター、訪問介護ステーションなど
介護保険施設
  特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型医療施設など

ケアマネジャー試験には、大きく2つの受験資格があります!!

1.規定の資格を保有し、かつ通算5年以上の実務経験がある

2.資格はないが相談業務や介護業務に従事しており、一定期間(通算5年または10年以上)の実務経験がある
 「実務経験」は、業務内容と従事期間および従事日数の組み合わせで審査
 
●ケアマネジャー登録までの流れ

ケアマネジャー試験

 ↓
試験合格
 ↓

実務研修 (合計35時間以上-6日間)の演習

 ↓

研修証明書交付

 ↓
登録・介護支援専門員証の交付
 ↓
「介護支援専門員(ケアマネジャー)」に!!
 
●試験科目

介護支援分野

:1〜25問

保険医療サービス基礎

:26〜40問

保険医療サービス総合

:41〜45問

福祉サービス    

:46〜50問

※保有資格によって要回答数は異なります(40〜60問)



●職業別合格者の構成(累計)

介護福祉士

40%

看護師、准看護師    

24%

相談援助業務・介護等業務従事者

10%

社会福祉者    

6%

19%

最終更新日: 2017-05-22
 
 
オススメ学習ソフト
7つの学習法で
最短合格!
media5 Premier 6ケアマネジャー試験
Windows DVD-ROM
価格9,800円+税
 
 
ニンテンドー3DSでケアマネ勉強!
ケアマネジャー試験