介護福祉士試験を目指す人を応援するページ

介護福祉士試験合格ガイド

介護福祉士の役割と業務
介護福祉士は、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者について心身の状況に応じた介護を行ない、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行なうことを業とする者(法第2条)とされています。

 

 介護福祉士について

 介護福祉士とは、1982(昭和62)年公布された国家資格で、専門的知識及び技術をもって身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人につき、心身の状況に応じた介護を行い、並びにその人及び介護者に対して介護に関する指導を行います
 

 平成28年度試験概要

 

 

受験資格:
(第30回)
(1)3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに3年以上の従事となる方を含む)で、実務者研修を修了した方(平成29年12月31日までに実務者研修を修了する方を含む)
(2)3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに3年以上の従事となる方を含む)で、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修(3号研修を除く)の両方を修了した方(平成29年12月31日までに喀痰吸引等研修を修了する方を含む)
(3)高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方(平成30年3月31日までに卒業見込みの方を含む)
(4)特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、9ヶ月以上(在職期間9ヶ月以上、実働日数135日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに9ヶ月以上の従事となる方を含む)
(5)EPA(経済連携協定)介護福祉士候補者として来日し、3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに3年以上の従事となる方を含む)
(6)文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校または都道府県知事の指定した養成施設において、介護福祉士として必要な知識と技能を修めて卒業した方(平成30年3月31日までに卒業見込みの方を含む)
   
願書受付期間:
【第29回】平成28年8月10日(水)〜9月9日(金)
【第30回】平成29年8月上旬〜9月上旬
試験日:
【第29回】筆記:平成29年1月29日(日)/ 実技:平成29年3月5日(日)
【第30回】筆記:平成30年1月下旬 /実技:平成30年3月上旬
受験料:
13,140円
合格発表:
【第29回】3月下旬

問い合わせ先:
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
  TEL:03-3486-7559
http://www.sssc.or.jp
 

 介護福祉士の受験資格

 

実務経験 3年以上

 

【実務経験となる施設・事業所】

・社会福祉士施設(特別養護老人ホーム、障害者施設)
・病院の病棟・診療所で介護職員、看護補助者など介護等が主な業務
・介護などのサービス(高齢者、障害者、障害児)


 
最終更新日: 2017-01-04
 
 
 
オススメ学習ソフト
7つの学習法で
最短合格!
media5 Premier 6介護福祉士試験
Windows DVD-ROM
価格9,800円+税
 
ニンテンドー3DSで資格取得!
ニンテンドー3DS 介護福祉士試験
過去問頻出用語集